卒業研究卒業研究、修士論文研究テーマ概要
2017年度2017年度 2021年度2021年度 2020年度2020年度 20142019年度 2013年度2018年度
2022年度都築研 研究テーマ

*センサネットワークや無線IoT(Internet of Things) 技術

*電力線通信(power-line communication; PLC)技術

*Elasticsearch など IoT server システムの構築と運用技術

の研究開発と社会実装応用

導入教育では、

  • IoT演習やPBLでおなじみ「Arduinoマイコン」を使ってIoT の基礎を勉強します。
  • プログラミング言語は、 Latex及びPython について学びます。

その後は、

  • Raspberry Pi マイコンなどでLinux OSや、ElasticsearchなどのIoT用クラウドサーバなどの勉強を続けてもよいし、
  • LoRa 無線やPLC技術を用いた通信装置やハードウェアのテーマ
    • センサーネットワーク、スマートメータ、舶用ビーコンシステム,有線断線検出、コンクリートのひび割れ検出 あるいはクレーンワイヤ通信, など

に移行してもよいです。最終的なテーマは、どの分野を修めたいか、 といった皆さんの希望を尊重しますので、希望はどんどん出してください。

  • ソフトウェア(マイコンやクラウドコンピュータ用プログラミング)から、
  • ハードウェア(IoT や機器制御用マイコン、各種通信装置 を実際に製作)や
  • システム(Internet 技術、OS)まで

幅広い実践力を身に付けたデジタル人材育成を目指します。

<履修しておくことが望ましい分野>
通信方式,電子回路,C言語,分布定数回路,ディジタル信号処理,電磁波工学,送配電, ネットワーキング,UNIX(Linux)など。

<科目>

プログラミング演習,IoT 演習,ディジタル電子回路,アナログ電子回路,電磁波工学,無線工学,送配電工学など

<その他>

無線通信,電気工事, UNIX やネットワーキング関連技能者歓迎

<教官からひとこと>

  • 夢を語れる人,
  • 我慢できる人,
  • やる気と体力のある人を望む.
  • 進学希望者優先.
  • 自己管理ができない人はNG.
  • エンジニアは「物を作ってナンボ」の実践教育志向です。

2022年度紹介冊子

ドクタ

マスタ

M2

  • 岡野 宏佑, 水田内における作物回避アルゴリズムの検討
  • 竹井 颯吾, カメラを用いた稲列間走行システムの構築
  • 渡邊 善仁, LiDARを搭載した見守りロボットの直線移動制御の検討
  • 吉井達也, クレーンワイヤーを用いた10W級電力伝送システム
  • 高田拓朗, SDRによるQPSK変復調器の製作とビット誤り率シミュレーション測定
  • 松原匠吾, Kibanaを用いたCO?濃度の可視化
  • 吉井 和真, Filebeatを用いたDropboxとElasticsearchのログデータの同期方法
  • M1

  • 大下 耕太郎 GPSビーコンの使用可能な最短送信スロット時間の測定
  • 喜田 光紀 PLCモデムのLQI機能を用いた家電機器の稼働状況監視システムの作成
  • 祖父江 匠真 同軸ケーブルの周波数応答シミュレーターの作成
  • 秋田 陽介 Zybo Z7-20を用いた周波数解析環境の構築
  • 河野 成一郎 ハイブリッドP2Pとブロックチェーンを用いたロボット間情報共有手法の検討
  • 恵村 涼雅, YOLOを用いた移動ロボットの旋回地点検出手法の提案
  • 4(/5)年生
  • ,仮想PCS送信機とRaspberry Piを用いた受信機の作成
  • ,加速度センサを用いた音波伝搬特性測定システムの試作
  • ,環境センサを用いた研究室在室管理システムの提案
  • 研究生
    • なし
    ページトップへ戻る