卒業研究卒業研究、修士論文研究テーマ概要
2017年度2017年度 2016年度2016年度 2020年度2020年度 20142019年度 2013年度2018年度
2021年度都築組研究テーマ

*センサネットワークや無線IoT(Internet of Things) 技術

*電力線通信(power-line communication; PLC)技術

の研究開発と社会実装応用

導入教育では、

  • 制御工学2でおなじみ「Arduinoマイコン」を使ってIoT の基礎を勉強します。
  • プログラミング言語は、 Latex及びPython について学びます。

その後は、

  • Raspberry Pi マイコンなどでLinux OSや、ElasticsearchなどのIoT用クラウドサーバなどの勉強を続けてもよいし、
  • LoRa 無線やPLC技術を用いた通信装置やハードウェアのテーマ
    • センサーネットワーク、スマートメータ、スマートグリッド、あるいは クレーン車両用情報と電力の同時伝送装置

に移行してもよいです。最終的なテーマは、どの分野を修めたいか、 といった皆さんの希望を尊重しますので、希望はどんどん出してください。

  • ソフトウェア(マイコンやクラウドコンピュータ用プログラミング)から、
  • ハードウェア(IoT や機器制御用マイコン、各種通信装置 を実際に製作)や
  • システム(Internet 技術、OS)まで

幅広い実践力を身に付けることができるよう 配慮します。

<履修しておくことが望ましい分野>
通信方式,応用通信, 電子回路,C言語,分布定数回路,ディジタル信号処理,電磁波工学,送配電, 電気機器、ネットワーキング,UNIX(Linux)など。

<科目>

プログラミング言語,技術英語,ディジタル電子回路,アナログ電子回路,制御工学2,応用通信工学,情報通信システム,電磁波工学,送配電工学,電気機器, など,

<その他>

無線通信,電気工事, UNIX やネットワーキング関連技能者歓迎

<教官からひとこと>

  • 夢を語れる人,
  • 我慢できる人,
  • やる気と体力のある人を望む.
  • 進学希望者優先.
  • 自己管理ができない人はNG.
  • エンジニアは「物を作ってナンボ」の実践教育志向です。

2021年度紹介冊子

ドクタ

マスタ

M2

  • 磯崎 稜太, 都築 伸二, 仲村 泰明, 市川 裕之; 船舶衝突防止システムのためのLoRa-TDM無線回線の設計に関する基礎研究
  • 内田 龍之介, 都築 伸二, 市川 裕之, 仲村 泰明; 深層強化学習を用いた屋内移動ロボットの経路探索アルゴリズムの評価, 杉本大志
  • 立山 純平, 都築 伸二, 仲村 泰明, 岡本 好弘; クレーン用ワイヤーロープを用いた電力伝送用トランスの等価回路パラメータ導出に関する基礎研究
  • 松藤 はるか, 都築 伸二, 岡本 好弘, 市川 裕之; LiDAR及びカメラを用いた農業ロボットの自律走行制御に関する研究, 杉本大志

M1

  • 川田 悠貴、機械学習による通信ネットワークの異常検知システムの開発、杉本、都築 伸二 市川 裕之
  • 須賀 達弥、LoRaビーコン端末用GPSアドオンボードの製作に関する研究、都築 伸二 岡本 好弘
  • 沖西 海青; 見守りシステムにおける電気機器同定手法に関する研究;杉本、都築 伸二 仲村 泰明
  • 川上 虎徹、船舶衝突回避シミュレータに関する研究、都築 伸二 岡本 好弘
  • 枡見 健吾;オープンソースソフトウェアを用いた組み込みシステムのモデルベース開発に関する研究、杉本、都築 伸二 仲村 泰明
  • 柿本 侑亮;LoRa無線の電波伝搬特性の測定とその応用に関する研究、都築 伸二 市川 裕之
4(/5)年生
    杉本組
  • 岡野 宏佑, 水田内における作物回避アルゴリズムの検討
  • 竹井 颯吾, カメラを用いた稲列間走行システムの構築
  • 河村 亘, カメラによる人追跡及び転倒判定システムの構築
  • 鬼武 太一, LiDARを用いた移動ロボットにおける障害物検知システムの構築
  • 渡邊 善仁, LiDARを搭載した見守りロボットの直線移動制御の検討
  • 溝口 浩大, DQNを用いた移動ロボットの動作制御

  • 都築組
  • 吉井達也, クレーンワイヤーを用いた10W級電力伝送システム
  • 高田拓朗, SDRによるQPSK変復調器の製作とビット誤り率シミュレーション測定
  • 藤田祥ノ助, CO?濃度監視システムの製作とその小型化
  • 松原匠吾, Kibanaを用いたCO?濃度の可視化
  • 吉井 和真, Filebeatを用いたDropboxとElasticsearchのログデータの同期方法
研究生
  • なし
ページトップへ戻る